明確な合意

ワークフローで自動的に署名の順序を割り当て、合意の結果をキャプチャ

ワークフロードキュメントの管理

ドキュメントの所有者は、受信者をドキュメントの「署名者」または「閲覧者」として追加できます。また、署名の順序を割り当てることもできます。


すべてのドキュメントは証跡として監査・記録されます

指紋ドキュメント

指紋は、ドキュメントの作成時に自動的に作成されます。

活動の記録

各署名者のID、各署名者によって実行されたアクティビティのタイムスタンプ、署名の順序、および署名の場所が取得されます。

完了の証明書

完了証明書は、すべての関係者が署名を完了すると生成されます。これは、ドキュメントのすべての受信者が表示できます。

デジタル署名は私たちの働き方を変革します。古くからのドキュメントの署名を再発明し、新しいビジネスチャンスを掴みましょう!

General

FAQ

プライバシー

利用規約